肘・手首の症状

肘・手首の症状

肘は野球・テニス・ゴルフなどのスポーツで負担を蓄積させて痛めてしまう方が多いです。 手首や指は、仕事やスポーツで日常的に手を使う人が痛みを発症させてしまいます。 肘や手首は、一般生活で必ず使う部分なので、少しの痛みだとすぐ治ると思い、いつも通り使うことで症状が悪化してしまう方も多いです。 肘や手首は一度発症すると、再発しやすいところですので、症状が軽いうちにしっかりケアをして、治していく必要があります。

肘・手首の症状の主な症状

上腕骨内側上顆炎(野球肘・ゴルフ肘)

肘の内側にある骨には突起があり、それが野球などの投球動作や、ゴルフなどのスイング動作で使い過ぎることによって炎症が生じた状態をいいます。 安静時にはほとんど痛みを感じませ んが、肘の内側を押したり投球動作・スイング動作で痛みが出てきます。 悪化すると肘を完全に曲げることが難しくなります。 肘の内側の骨の突起には、手首を手のひら側に曲げる筋肉と、指を曲げて物を握る筋肉が付いています。 この筋肉を使う動作を繰り返し行うことで、骨と筋肉の付着部が何度も引っ張られ、炎症を起こし痛みが生じます。 炎症を抑える治療や原因となっている筋肉を緩める必要があります。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

肘の外側にある骨の隆起部分あたりを、テニスのバックハンド・タオルを絞る動作・手を使う軽作業動作などで使い過ぎることにより、痛みが出現してきます。 それが、上腕骨外側上顆炎です。 肘の外側の骨の隆起部は、手首を手の甲側に返す筋肉や、指を伸ばす筋肉が付着しています。 この筋肉を繰り返し使うことにより、骨と筋肉の付着部が何度も引っ張られ、炎症を起こし痛みが出ます。 炎症を抑えることに加え、原因となる筋肉を緩めることで症状は緩和していきます。

肘内障

肘を身体の下にして寝た後に腕を垂らしたまま触れようとすると嫌がる場合は肘内障の可能性が高いです。 また、子供の手を急に引っ張ったり、手を繋いだまま遊んだりすることで肘内障になる可能性が高まります。 5歳未満の子供は、骨や靭帯が未発達な為、肘にある骨が輪状の靭帯から外れやすいです。 この靭帯から抜けそうになっている骨を正常な位置に戻すことで、何もなかったように再び手を使えるようになります。 整復した後に固定する必要などはありませんが、1度抜けようとした骨は再び抜けやすくなってしまいます。 成長とともに生じにくくなりますが、幼少期は手を強く引っ張らないように注意しましょう。

肘部管症候群

肘の内側にある骨の突起部の後ろに、骨と靱帯で形成された肘部管があります。 この肘部管はトンネルのような構造になっていて中に尺骨神経が通っています。 肘部管は狭いスペースとなっていますので、さまざまな原因で尺骨神経を圧迫してしまうと、小指に痺れや痛みを感じたり、指先や手の筋力低下が起こります。 肘部管を圧迫する原因を取り除いてあげて、衰えてしまった筋肉に対して治療をする必要があります。

ドゥケルバン病

スポーツや仕事で親指を使い過ぎると、親指を曲げ伸ばしする腱が腱を包んでいる腱鞘と何度もこすれ合うことにより、腱鞘に炎症が起こります。 親指の腱鞘は手首の親指側にあり、この部分が親指を動かした時に痛みが出たり熱や腫れを感じたりします。 炎症を抑える治療をして親指を使う時はサポーターやテーピングで固定してあげれば症状は緩和していきます。

手根管症候群

手首の手のひら側には、骨と靱帯で囲まれた手根管というトンネルがあります。 このトンネルの中には正中神経という神経と、指を曲げる筋肉の腱が通っています。 手を過度に使用した場合などに手根管が圧迫され人差し指・中指・薬指に痺れや痛みが発症します。 朝方に症状が出る方が多く、手を振ったり、指の運動をすると症状が軽減する特徴があります。 悪化すると痛みと痺れで夜間目覚めてしまったり、親指の付け根の筋肉が痩せてしまい、物をつまむような細かい作業が困難となります。 手根管の圧迫を取り除いてあげる治療をしていけば症状はなくなっていきます。

TFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)

手首の小指側には7つの靱帯があり、これらが複合体となって手首の安定を保っています。 この部分をTFCC(三角繊維軟骨複合体)といいます。 手首をよく使う人、テニス・バドミントン・ゴルフなどの手首をねじる動作が多いスポーツをされる人が、過度に手首を使うことによりTFCC部分に痛みが生じてきます。 手首を小指側に倒したり、ドアノブを回す動作などに痛みがあると、TFCC損傷が疑われます。 サポーターで固定したり手首を動かす筋肉を緩めてあげると痛みは軽減していきます。

マウス症候群

パソコン作業でマウスをたくさん使うことにより起こる症状です。 マウスを使う作業は手の指だけでなく手首や肘にもかなりの負担がかかります。 肩の症状で紹介している頚肩腕症候群と同じような、重度の肩こり・首から肩、腕にかけての痛み・腕、指の痺れなどの症状がマウス症候群でも出てきます。 炎症が起こっている時は安静と炎症を抑える治療が必要で、炎症期が終わったら首から肩・腕にかけての筋肉を緩めて柔軟性を高めるしていくことで症状は軽減していきます。

つかさ鍼灸整骨院に
ぜひ一度ご相談ください!