交通事故

交通事故

交通事故でのケガは衝突の勢いでむち打ちになってしまう方が多いですが、他にもシートベルトやハンドル、ダッシュボードなどでケガをしてしまうケースもあります。 交通事故の被害に遭うとすぐに、ケガの治療が必要なことだけでなく、後日に痛みが出てきたり、保険会社さんとの対応が難しかったり、書類の書き方や申請方法などが分からないという事がおこってしまいます。 交通事故での症状を治療する際の自己負担額は、当院から保険会社へ直接請求するので、0円です。 例外として、健康保険を適用された方の治療費も500円程度です。 整形外科で検査を受けたい方や、他の治療院から転院を考えている方も対応しております。 ご相談してい ただくだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

交通事故の主な症状

頚椎捻挫型

むち打ちの約80%がこの頚椎捻挫型です。頚椎(首の骨)の周りの筋肉や靭帯・軟部組織が損傷し、首の後ろ側や肩にかけて痛みが出ます。 また、首や肩の動きが制限されることもあります。

バレーリュウー症状

別名、後部交感神経症候群といわれ頚椎周辺の炎症や腫れに留まらず、脳に血液を送る頚動脈や椎骨動脈の血流が阻害された状態です。 脳に届く血液量が減少すると、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・倦怠感などの症状が出ます。

神経根症状型

頚椎の運動神経と知覚神経が集まっている場所(神経根)までダ メージを受けて炎症や腫れ・圧迫などが起こっている状態です。 神経根を痛めると首の深部に痛みを感じたり神経がうまく働かなくなり、肩甲骨や腕・指に痺れやだるさを感じたりします。

低髄液圧症候群

頚椎の中にある脊髄は3つの膜で覆われています。むち打ちの衝撃でその膜を傷つけてしまい、内側を満たしている脳脊髄液が漏れてしまいます。 脳と脊髄は脳脊髄液の圧により守られ、安定していますが、液が減少すると脳の位置が下がってしまい、脳を支えている血管や神経が引っ張られて、頭痛・倦怠感・めまい・耳鳴り・視力低下などの症状が出現します。また、横になると症状が軽快するという特徴もあります。

シー トベルト損傷

事故の衝撃によりシートベルトで身体を固定され、肩から前胸部を損傷してしまうことがあります。 強い衝撃を受けると、鎖骨骨折や肋骨骨折になってしまうこともあります。 時には心臓や肺などの臓器が損傷してしまう場合もあります。

ダッシュボード損傷

運転席や助手席で膝を曲げたままの姿勢で衝撃の勢いによりダッシュボードに膝を打ちつけてしまう損傷です。 ぶつけてしまった膝の靭帯や膝蓋骨(膝の皿)の骨折だけでなく、ももの骨を介して股関節や腰を痛めたりします。

ハンドル損傷

一般的に車の衝突時に胸部や腹部をハンドル部分にぶつけて起こる損傷です。 打撲だけでなく、胸骨・肋骨を骨折してしまうケースや内蔵 を傷つけてしまう場合もあります。 また、衝突時にハンドルを握ったままの状態で損傷すると手首や肘の捻挫や関節組織を痛める事もあります。

つかさ鍼灸整骨院に
ぜひ一度ご相談ください!